seabass-advantageの野尻湖スモールマウスバス

野尻湖スモールマウスバスを中心に年間通していろんなターゲットを狙っています。アウトドア関係も楽しんでいます

野尻湖スモールマウスバス 表層系の釣り方

こんにちはseabass-advantageです

 

今回は野尻湖スモールマウスバス表層系の釣りについて説明いていきたいと思います。

 

 

 

例年G/W後半~5中旬位になるとワカサギの産卵もほぼ終盤を迎え、

表層にワカサギが浮き出す季節になります。

 

ワカサギが浮く理由は産卵を終えたワカサギというのは死んでしまうので、

弱って浮いてしまう、もしくは死ぬ寸前の状態になるので目視出来るようになる形になります。

 

表層系のアプローチ

 

表層系の釣りは大きく分けて2種類になります

 

・水面直下の釣り

・水面の釣り

 

表層の釣りが成立する初期の段階では水面直下の釣りが有効になってきます。

初期段階には水面直下に極小規模の群れを確認する事が出来ます。

 

これは岸ギリギリで見て確認出来るケースが多いと思います

なので、ボートから見れるのは少なく、陸から探す方が多数の個体に出会えると思います。

 

朝の桟橋なんかが確認するのに便利かと思いますので、

ボートに乗る前に周囲を確認しておくとヒントがもらえると思います。

 

中盤から終盤になってくると水面に浮いてしまっている個体や

すでに死んでしまってるワカサギに出会えると思います。

 

こうなってくると水面の釣りのほうが強くなってきます。

ですので、ワカサギの状態によって釣り方を変える必要性が出てきます。

 

ルアーの種類

 

野尻湖では定番になれるルアーと出たときは良く釣れたけど定番になれなかったルアーというものが存在します

なので現状釣れるルアーで説明させていただきたいと思います。

 

ルアーは2種類

 

ハードルアー

ソフトルアー(ワーム)

 

タイプは2種類

 

・フローティングもしくは浮くワーム

・デッドスローシンキングもしくは沈むワーム

 

f:id:seabass-advantage:20191205194009j:plain

上 I ウェーバー  Fとsssの二種

下 フォロースティック ノンソルトとソルトの二種

 

現役で釣れてるのは上記のルアー

それぞれ出しどころがあるので、計4種のルアーを用意した方が良いと思います。

 

個人的にはI ウェーバーのFとフォロースティックのノンソルトでも良いかなと思います

 

 

釣り方

 

基本的には真直ぐタダ巻き、もしくは放置の釣りになります。

 

アプローチの仕方でほぼ釣れるか決まってしまうので、

真直ぐ引くのと風を味方につけてのドリフトの釣りがキモになってきます。

 

ドリフトの釣りは別の機会に譲るとして今回は基本になるやり方をマスターするのが、良いと思います。

 

f:id:seabass-advantage:20191205160915j:plain

 

f:id:seabass-advantage:20191205155546j:plain

 

きちんとラインをコントロールすることでルアーは真直ぐ引く事が出来ます

 

他の記事でも紹介してしますが、真直ぐ引くという行為自体は巻物ルアーの中で、

表層系が一番シビアかも知れません。

 

放置するにしても膨らんだラインはルアー自体を勝手に引っ張ってしまうので放置状態になり難くなってしまいます。

 

表層系っていまいち釣れないって方は上記の内容を試してみて下さい。

ラインコントロールで劇的に釣果は変わりますよ!

 

その年によっては解禁直後から有効な釣りです。

是非、野尻湖釣行の際は持ってくると良いことあるかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス シャッドテール ただ巻きのキモ

こんにちはseabass-advantageです

 

今回はシャッドテールタダ巻きのキモについて解説していきたいと思います。

 

 

 

【超重要】

ファーストアプローチでバイトするしないは8割決まる!

 

・着水後のライン処理

 

f:id:seabass-advantage:20191205155546j:plain

ルアーフィッシングにおいて着水直後のライン処理というのは非常に重要な意味を持ちます。

 

ラインの着水後の軌道=ルアーの軌道になるからです。

当然の話なのですが、膨らんだライン軌道というのはそのままルアーも膨らんだ状態で巻かれることになります。

 

小魚が泳ぐ時は必ず真直ぐ泳ぎます。

なので膨らみながら泳ぐ事はありえない状態になります。

 

この時点でターゲットには違和感を与えてしまう事になります。

 

なので着水後のラインは真直ぐ水に着けてあげるというのが非常に重要な要素になります。

 

f:id:seabass-advantage:20191205160915j:plain

ルアーの方が重いので当然、ルアーが着水してからラインが水に着く訳ですが、

この際に、ラインが着水する前にロッドを上に煽ってラインを真直ぐ水に着けます。

 

この作業をする事で、ルアーを真直ぐ泳がせる事が可能になります。

これは巻くすべてのルアーフィッシングの基本になります。

 

膨らんだルアーの軌道は著しくバイトを遠ざける原因になります。

釣れる確率は0%とは言いませんが、真直ぐ巻かれたルアーに圧倒的軍配があがると思います。

 

これを知っているかどうかで釣果の開きにでてしまいます。

 

 

タダ巻きのキモ

 

タダ巻きって言われると、た~だ巻くだけでしょ?

って思われがちなのですが、違います。

 

ダダ巻きとは巻き始めから巻き終わりまで常に一定速で巻き続ける事を言います

 

 

 

失敗例も載せます

 

 

 

これは結構、特訓が必要ですが出来るようになるだけでびっくりする位、

魚が釣れるようになります。

 

自身が出来るもっとも、ゆっくり巻けるスピードで練習して下さい。

練習は裏切りません。

 

 

お時間ある方は是非、動画を参考にしてみて下さい

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス プリスポーン後半 喰い渋り対策

こんにちはseabass-advantageです。

 

今回は野尻湖スモールマウスバス プリスポーン後半 喰い渋り対策について解説していきたいと思います。

 

 

 

その前にプリスポーン状態の捕食の復習です

 

プリスポーン

 

f:id:seabass-advantage:20191205141523j:plain

産卵を控えたスモールは栄養を蓄える為、荒食いしだします。

ちょうどタイミング良く、ワカサギも産卵時期なので大挙して押し寄せてくるので、捕食対象としてベストになります。

 

これが、シャローでプリバスを釣るのに効率が良い理由になります。

この辺は第1陣から第5陣位までタイミングが多岐にわたる感じです。

 

デカバスの方が、タイミングが早い傾向にあるので、早い時期の方がデカバスが釣れるという事になります。

 

 

待機

 

荒食いを終えたスモールは待機状態に入ります(産卵直前状態)

その為に、一旦コンタクトポイントに落ちます。

 

f:id:seabass-advantage:20191205141648j:plain

 

この間にも次のプリスポーンバスがシャローに捕食に上がってきて、それが落ち付くまではプリスポーンバスというのは釣れ続くと思います。

 

ですが、ある日を境にまったく釣れなくなります。

大多数のバスが待機状態に入る為と思われます。

 

目安としては2m位の水深で25cm前後のスモールが釣れてくるようだと、プリ終盤と捉える事が出来ると思います。

 

 

これがプリスポーン期の喰い渋る理由の一つになります。

待機状態のスモールは基本、捕食する事をしません。

 

捕食条件

 

 

バスの目の前にあるエサ、かつ逃げない物しか口にしようとしません。

基本、やる気はないので、逃げるエサは追いかけてまで喰おうとはしません。

 

なので、よほど目前にドンピシャでエサが通らない限り、プリスポーンで使うようなジグヘッドの釣りは非常に厳しい状態になります。

 

ここで重要になってくるのが待機場所の存在です。

 

 

一番解りやすいのがコンタクトポイントの存在です。

待機場所として選ばれる場所の筆頭がコンタクトポイントになります。

 

 

コンタクトポイントとは?

 

越冬を終えたバスがシャローに捕食目的として上がってきますが、その際にルートとして目印にしている場所です。

 

基本的にはワンドの入り口やワンドの入り口の真ん中、多少深くても大きな変化点や大きな岩などがあげられます。

 

この辺はエリアによって条件があるので、逆方向から追いかけるのがコンタクトポイント特定の近道になります。

 

f:id:seabass-advantage:20191205150134j:plain

コンタクトポイントの一例です。

 

・基本的にはスポーニングエリアの近く

・プリスポーンバスが良く釣れるエリア

・どこから入ってくるんだろう?

 

の3点を押さえておいて周辺を探れば特定に結び付くと思います。

 

プラス要因として

 

・ハードボトムであること

・マンメイドストラクチャー

・ルート上に大きなストラクチャーがある

 

なども考慮するとより特定しやすいと思います。

 

 

釣り方

 

コンタクトポイントを特定できたら、その場所にワームを放置してあげます。

具体的には、ダウンショットやネコリグなどステイさせられる物を入れて喰うまで待ちます。

 

この時にアクションを加えない方が良い結果が出ています。

ゆっくりながらもスモールは泳いでいるので、自主的にルアーを発見してもらうのが重要で、広範囲を探ってもそもそもスモールが居ないという結果になりかねません。

 

後は実績を積み上げていくしかないのですが、見つけてしまえば他人が知らない場所も野尻湖には多く残っているので、毎年デカバスを釣る事が出来るようになります。

 

プリバスを狙っていていまいち釣れないとか釣れても40cm前後が増えてきたな~とか思ったらデカバスはかなりの確率で待機状態に入っています。

 

デカバスほど、季節の先取りで行動するので、プリスポーンの時期にデカバスを仕留めようと思ったら、行ったタイミングがどういう状態なのか、いち早く気づいた人が良い釣りを出来ると思います。

 

 

春の野尻湖は難しいイメージですが、春のシーズナルパターンが一番解りやすくかつ、イージーかと思います。

 

行動パターンが丸解りなので。

 

是非、解禁やG/Wは野尻湖に行ってみて下さい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス ジグヘッドの使い分

こんにちはseabass-advantageです。

今回はジグヘッドの使い分になります。

 

 

 

野尻湖限定って考えると春が一番出番が多いって事で、ここではプリスポーンに焦点をあてていきたいと思います。

 

タングステンと鉛の違い

 

現在はバスの場合、タングステンが主流かと思います。

タングステンの特徴として

 

・鉛に比べて硬いので感度が良い

・鉛に比べて比重が重いのでコンパクトに作れる

・鉛より高価

 

って感じでしょうか。

こうやって見ると釣り用のシンカーって考えると値段以外メリットしかなさそうです。

 

しかし、ことジグヘッドの巻きの釣り(シャッドテールやミドスト等)の場合、一概にタングステンが良いとは言い切れない部分があります

 

f:id:seabass-advantage:20190417220200j:plain

 

上がタングステン、下が鉛の物になります。両方とも1/20oz(約1.3g)

 

一目瞭然でヘッドの大きさが違います。

この違いが大きな差を生むケースがあり、釣果が物語っています

 

実釣りにおいて両者の違いについて説明します

 

タングステンはヘッドがコンパクトな分、飛距離は出ますが水中で水を噛みにくいです

一定層をキープするような釣り、例えばミドストとかだとコントロールが難しくなってきます。

ラインスラッグを出した瞬間に沈むスピードが鉛よりはるかに速い為、キープしようとすると早く巻かないと出来ないので操作が雑になりがちです。

 

その点、鉛だと水の抵抗が大きいので、ゆっくり操作で低速キープするのが楽です。

いまいちミドストが苦手って人は鉛のジグヘッドを使ってみるとコツを掴みやすいかもです。

 

せっかくタングステンと鉛と2種類あるので適材適所ってところですね。

 

 

ウエイトの使い分

 

野尻湖のプリスポーンの時期って考えると狙う水深は2~4mが基準となってくるかと思います。

 

1/20oz(1.3g)が基本軸で良いと思います。もちろんその年でバスのポジションが一番、違ってくるタイミングなので狙うべき水深というのはその年で違ってきます。

 

野尻湖は禁漁期間がある為、解禁のタイミングでプリスポーンバスの状態が不明な為ですね。

 

この辺の話をしだすとジグヘッドからそれていく為、プリスポーン攻略の記事に譲ります。

 

話をもとに戻します。

 

ジグヘッドのウエイトは4~6m位を狙いたければ1/16oz(1.8g)反対に2mより浅い水深を狙いたければ1/32oz(0.9g)に落とす感じです。

 

一つの目安としてゆっくり巻いた時にボトムに当たるようならウエイトをワンランク下げる感じで良いかと思います。

 

とはいえ、中層もしくはボトムすれすれを狙いたいのでジグヘッドが浮き過ぎるようではウエイトを重くする感じです。

 

なんとなくイメージ湧きますでしょうか?

 

f:id:seabass-advantage:20190419182233j:plain

プリスポーンって考えただけでも6種類のウエイトを用意するのがベストです。

が、一種類だけ持っていくなら1/20ozで良いと思います。

 

ま、プリスポーンの時期、特に解禁直後とかに野尻湖に来る方はジグヘッドの釣りが中心になってくるので、凸らない為にもウエイトは複数用意された方が良いと思います。

 

 

是非、タングステンと鉛を使い分けて良い釣りを楽しんで下さい

今回はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス用 スピニングリールの選び方

こんにちはseabass-advantageです

今回はスモールマウスバス用のスピニングリールの選び方についてです。

 

 

スモールマウスバスを釣る際ですが、基本は3lb前後の太さのラインを使うケースが多いと思います。

 

しかし、その昔は3lbを使う前提のリールも多種に及び、いろいろ選ぶことが出来たのですが、2019年現在では、ごく少数派になってしまったようで悲しい感じです

 

そこで、じゃあ実際のところ、細いラインでスモールを釣る場合、どのサイズを選ぶのが正解なの?って事で、順を追って説明していきたいと思います

 

 

リールサイズ

 

ブラックバスのライトリグって考えた場合、基準になってくるのが2500番サイズのリールになるかと思います。

 

で、2500番のリールに3lbのラインを巻こうと思うと圧倒的に糸巻き量が足りない・・

っていうのは、通常バス用のラインは100m巻きが標準になっています。

 

中にはボビン巻きっていって長い糸巻き量でも売っていますが、だからと言って、

ノーマルの2500Sのスプールに全部巻くのは現実的じゃありません(150m程度巻かないと・・)

 

仮に150m巻いたとします。半分以上は使われる事なく交換時期に捨てるだけになってしまいます。

 

そこで、昔は⋆下巻きをするのが当然のように行われてきたのですが、シャロースプールという概念が生まれ、下巻きをしないでそのまま市販のラインを巻けるようになったのです。

 

※下巻き=ちょっと太めの糸を最初に巻き、スプールの嵩上げをする事

 

 

その昔は、2000番派と2500番派に分かれていて、それぞれ好きなリールを使える環境でした。

 

が、時代は流れ2000番は姿を消す運命に・・(シマノに限る)

代わりに登場したのがC2500番=2000番のボディに2500番のスプール付きますよってやつです。

 

ですが、この番手のスプール、5lbが100m巻けますってサイズなんです。

3lb巻きたいんだってば!

 

いや、実際はあるんです。ただし、1000番のボディですが。

1000番じゃ、バス釣りに使えないよ~

 

という訳で、今はぽっかり穴の開いたリールサイズなんですね。

 

 

2500番に3lbを巻こう!

 

方法としては2つ

 

・2500Sを買って下巻きする

・3lbを100m巻けるアフターパーツのスプールを買う(¥10000-前後)

 

になると思います。

 

2500SのSはシャロースプールの意味。

シャロースプールに下巻きって・・

 

アフターパーツを買うにしてもステラなんて買った日には超セレブリールの出来上がり♪

 

う~ん、好みだとは思いますが。

 

ってな感じで2500番は無いかな~と思う訳です。

飛距離を気にせず糸巻き量足りないけど良いやって妥協するのもありですが。

 

 

C2500番に3lbを巻こう!

 

これも2500番と変化なし

ボディは2000番使えますが。

 

 

で、結局サイズはどれを選べば良いの?

 

ってなるのですが、実は1種類だけ何もせずに3lbを100mバランス良く巻ける機種があります。

 

f:id:seabass-advantage:20191130225310j:plain

17コンプレックスci4 F4

現行モデルだと購入してそのまま巻けるのはこの機種だけですね。

なのですが、このリール相当優秀でして、ドラグも問題なしでスモールに使えて、かつ値段も手ごろな価格帯になってるんですね。

なので一台だけ選べって言われたら、間違いなくお勧めです。ハイギアもローギアも設定されてるので文句なしです。

 

 

ハイギアorローギア

 

近年はハイギアラッシュの影響もあってなんでもかんでもハイギアになりつつありましたが、実際には使い分をお勧めしています。

 

ハイギアに関してはダウンショットやネコリグなどのボトムサーチ系の釣りにはやはり適してると思いますし、巻物系の釣りをやる場合はやはりローギアの方がゆっくりと一定速度で巻けるので、有利になります。

 

なのでどっちか選べって言われたら、まずはハイギアを買って、次にローギアを買うっていうのでいかがでしょうか?

 

シーズン通して考えるとハイギアの出番の方が多いので。

 

 

まとめ

 

3lbを100mバランス良く巻けるリールがスモールマウスバスを釣るのに最適なリールになります。

 

あとは予算にや好みに応じてセレブリールにするも良し、コストパフォーマンスに優れたコンプレックスにするも良しって感じです。

 

 

--

現行品でスモールに対応させるリール選びについて説明させていただきました。

※今回はシマノ社に特化して説明させていただいてます

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス プリスポーン攻略

こんにちはseabass-advantageです

今回は野尻湖スモールマウスバスのプリスポーン攻略の話になります

 

 

 

その前に基本概念として

 

プリスポーンとは?

 

スモールマウスバスは春に産卵という魚にとって一大イベントが控えている訳ですが、

産む為には栄養を蓄えておかねばならない訳です。

 

直前=プリ

スポーン=抱卵

産む=スポーニング

 

という認識で良いかなと思います。

 

なのでプリスポーン=抱卵前もしくは抱卵中の状態という事ですね

 

この辺の生態系については別の機会にゆずるとしてですね、釣り人目線で春のスモールマウスバスの攻略を説明したいと思います。

 

野尻湖解禁

 

野尻湖には禁漁期間というものが存在します。

 

本来のバス釣りでいくと今日は何月何日だから、バスはこういう状態だ!

というような狙い方はまずしないと思います。

 

少しづつ、水温の上昇やその他の要素、例えば春一番が吹いたとか、三寒四温の今日は2日位暖かい日が続いたなとか。春に向かってのいろんな要素を考慮しながら追いかけるのがパターンフィッシングの考え方かと思います。

 

ですが、野尻湖には禁漁期間というものが存在します。

なので、解禁日がどういう状態なのかは当日に釣りをしない限り、予測していかないとなりません。

 

現状の水温や気温、ワカサギの状態など、一年で一番頭を使う日かもしれません。

野尻湖の場合、標高が高いこともあり、ほんとにその年によって状況がまるで違います

 

ここが他の湖と大きく異なる点になります

 

 

野尻湖プリスポーン

 

野尻湖の解禁日は4月後半(2020年は4/25?)になります

その前後、私の場合は4月に入ったらすぐに解禁までの状況予測に入ります

 

すでに暖かい年なのか、それとも冬が長引いてるのか。

ワカサギの遡上状態はとても気になります。

 

ちなみに2019年に関しては4/27が解禁日だったのですが、第一陣のプリスポーンはすでに終わっていました。

 

この辺は予想通りでした。

居るべき場所にデカバスが居ないのが証明してる感じでした。

なので、あらかじめ予測しておくのは非常に重要な事になります。

 

デカバスほど季節を先取りするのはスモールも一緒です。

春は特に魚の行動をいち早く掴むのは必須となります。

 

 

プリスポーンバスの狙うべき場所

 

解禁直後に関しては、ボート屋さんの桟橋群を起点におおよそ砂間エリアまでを集中して狙うのが近道かと思います。

 

f:id:seabass-advantage:20191129140602j:plain

野尻湖プリ1

もちろん、他のエリアも狙えるのですが、限られた時間内(野尻湖は7~16時までしかボート釣りは出来ません)で釣る為にはいろいろ移動しないのも一つの手です。

 

 

プリスポーン狙いの水深

 

その年によって条件がずいぶん異なるのは上記で話した通りなのですが、

野尻湖の場合、基準とすべき水深は2~4m程度の水深が一つの基準になると思います。

状況に応じてその前後の水深を狙うようにした方が良いと思います。

 

 

ワカサギの動向

 

時期的にワカサギの遡上というものが絡んできますので、ワカサギの動向は非常に重要なファクターになります。

この時期の場合、捕食対象はワカサギがメインになりますので、ワカサギがどの水深にポジションを取っているかで、狙うべき水深の目安にもなります。

 

ワカサギも産卵時期なので、ワカサギが遡上しようとしているのか、いったんディープ(深場)で待機してるのかで大きく状況は変わってきます。

 

ベイト(この場合ワカサギ)のレンジを知ることで季節の状況を把握する事も重要です

 

 

ボートポジションの取り方

 

ボートポジションはおおむね4mラインに取るのがお勧めです。

基本は4mラインに浮いて岸に向かって投げる感じです。

 

2~4mラインを効率良く狙う事が出来ます。

あとはやる人はあまり見ませんが、実は沖に向かって投げるのも非常に有効な手段です。沖に向かって投げる事で、5~6mレンジを狙う事も出来ます。

なので4mラインに浮くことで、基本の水深は網羅する事が可能になります。

 

 

使うべきルアー

 

解禁~G/Wにかけて水温が低いのが通常の状態になります。

かと言って、バスが動けない程の水温ではないので、有効になってくるのはやはりワームになってきます。

 

もっと低水温の時期であればおそらくシャッドが有効になると予測出来ますが、

3月の野尻湖なんて経験者が居ないので永遠の謎です。

もっとも、その昔は解禁=シャッドだったので昔に比べて解禁直後は水温が高くなってるとは思います。

 

なので、有効になるのは2種類。

 

・ミドスト(ミッドストローリング

・シャッドテール

 

この2種類のアプローチがメインパターンになると思います。

f:id:seabass-advantage:20190328213120j:plain

ミドスト用 上から シャッドシェイプワーム アライブシャッド

 

 

f:id:seabass-advantage:20190429174332j:plain

シャッドテールワーム 画像はリンキンスイマー

 

考え方としては低水温なので活性は低いけどルアーを追えない程ではない。

なのでスローに攻められるジグヘッドリグが有効になるって感じです。

 

野尻湖の風について

 

野尻湖の場合、午前中は南よりの風、午後からは北寄りの風になるケースが多いです

昔は風が吹いたら当たっているエリアが良いとされてきました。

今でも風の当たり面を気にしているアングラーも多いと思います。

 

この風なのですが近年、実感しているのが今の野尻湖スモールは風が嫌い?って思っています。

理由は簡単で、入れ喰っていたのに風が吹きだしたらバイトが無くなるって経験をたくさんしてきたから。

 

反対に風の巻き込むエリアにシフトする事でベイト溜まりになり、それまで沈黙していたエリアが爆発する経験も多々してきました。

 

ですので、今は風が吹いたら巻き込むエリア、もしくは風裏を探しましょう。

 

 

 

--

野尻湖の解禁は難しいって声も良く聞きますが、きちんと野尻湖を理解してアプローチすることで沢山釣る事が出来ると思います。

 

動きが丸解りなのがプリスポーンの釣りです。

是非、来年の解禁には足を運ばれてみてはいかかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス ミドスト コツさえ解れば超簡単!

 

こんにちはseabass-advantgaeです

 

すっかり寒くなりましてもうすぐ雪の季節ですね

来年の解禁に向けて今から練習しておきたいミドストのコツにについてお話したく思います

 

今では野尻湖必須になったミドストですが、近年は効かなくなったなんて話もちらほら・・

 

原因の多くはボトスト?とか言われているただのボトムノックリトリーブにあるかなと

 

ミドストはきちんと中層をキープさせる事で本来の効果を発揮出来るもの。

なのでイメージで良いのでまずはボトムノックさせないで一定層を通している感覚を身に着ける事で釣果に結び付くと思います

 

ひとたびアクションを開始したら沈んだり浮いたりしないようにキープする事。

これは水深に関係ないので浅場で見ながら練習するのも手ですね。

 

野尻湖解禁直後はその年でワカサギのレンジが大きく変わります。

なので水深に応じたアプローチが必要になってくる訳ですが、

ミドストを身につける事で各レンジに対応出来るのでお勧めです

 

どの釣りも一緒ですが、一匹釣れるとコツが掴めてくるので是非、最初の一匹を釣るまでは諦めないで続けてみて下さい

 

まだまだ使いこなせているアングラーは少ないので、自分のものにしてしまえばたくさん釣れますよ。

 

是非、挑戦してみて下さい!