seabass-advantageの野尻湖スモールマウスバス

野尻湖スモールマウスバスを中心に年間通していろんなターゲットを狙っています。アウトドア関係も楽しんでいます

本当は教えたくない 沈む虫 押さえておきたい5つのシークレット 野尻湖スモールマウスバス

こんにちはseabass-advantageです

 

本当は教えたくない 

沈む虫 

押さえておきたい5つのシークレットです

 

 

水平フォール

f:id:seabass-advantage:20200219194055j:plain

まずはベースにするワームなのですが、ここは確実な水平フォールをする

ワームが必要になります。

 

腹側に重心があって何も考えずに水に入れた時に腹を下にして

水平フォールする素材を探します。

 

最終的にはラバーを刺してバランスを取る事になるのですが、

ベースのバランスが重要になります

 

ちなみに画像はファットシャッド2インチなのですが、

もう超入手困難になってしまいました。

 

いまは現行で手に入るベストバランスのワームはなかなか出会えません

ただこの水平フォールは釣果に直結するのでこだわる部分、その1になります。

 

フォールスピード

ここもかなり重要です。

遅すぎてもダメ、早すぎてもダメなのです。

 

ここもやはりファットシャッドを入手してフォールスピードをみて欲しいです。

 

気を付けて欲しいのはフォールスピードとバランスを

ネイルシンカーで調整するのは止めた方が良いです

 

ワームは個体差があるものですが、ネイルシンカーを刺すのは数mmズレただけで

同じバランスを取るのは困難だからです。

 

ベストバランスのワームをがんばって作ったのに

量産出来ない罠にハマることになります。

 

ラバー長さ

f:id:seabass-advantage:20200219204200j:plain

正面から見た図になります。

 

ラバーの長さはピンピンに張って水平に出すのでは無く、

ちょっと垂れ下がる長さ、『への字』にするのがキモです。

 

こうすることによって、フォール中は『逆への字』になり、

波動が出やすくなります。

 

真横にピンピンに張ると波動が綺麗に出ないので要注意です。

逆に長すぎると、フッキングが悪くなるのでギリギリ垂れる長さが良いと思います

 

ラバー形状

 

断面を見たときに長方形がベストです

 

でも〇でも無く長方形です。凸凹でもありません

長方形です。

 

 

 こちらは現行で手に入るのでお勧めです。

 

カラー

本体もラバーもクリア系が良いです。

 

スモールマウスでは天下無敵かに思えたグリパンはまったく釣れませんでした。

グリパンに限らず、色の濃い透けない物はダメみたいです。

 

視認性を上げる為に白やチャート系はありなのですが、

その際も、クリアーホワイトとかクリアーチャートみたいに透けてるのが良いです。

 

 

 

沈む虫は超釣れるのですが、バランスなど考慮しないといけない点が多々あります。

ありますが、ベストな虫を作れると爆釣間違いなしなので是非、

自分のベストな沈む虫を作成してみて下さい

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモールマウスバス用 スピングリール ベストサイズの選び方

こんにちはseabass-advantageです

 

今回はスモールマウスバス用スピングリール ベストサイズの選び方です

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス

野尻湖のスモールは一般的にライトリグで釣るのが基本になるので、

当然、細いラインが巻ける事が前提になってきます。

 

基準は3lbといったところかと思います。

 

野尻湖は超ライトリグ?まぁ、ラージのライトリグって概念からすると、

3lbというのはあまりバス釣りにおいて一般的ではないのかもしれません。

 

現行品のリールで3lbを100m巻けるリールとなると、1000番ベースの物がほとんどで、細いラインは使いたいけど、バス釣りやるには小さすぎます。

 

その昔はきちんと2000番というサイズが設定されていて3lbをきちんと100m巻ける

リールが存在したのですが、とある年を境に新製品からラインナップが消えました。

 

あの衝撃を忘れない・・

 

スピングリール

 

ぼやいていてもスモールを釣りたい事に変わりはないので、

現行品で検討してみると

 

・2500S

・c2500S

 

の2択になる訳です。

 

多彩なラインナップはありますが、近い太さを選択すると、

どちらも5lbが100mになってます。

 

いや、だから3lbを使うんです。

って感じなのでこのままだと使えません。

 

①下巻きをする

②夢やスプールに換装

③社外品スプールに換装

 

選択としてはこんな感じになるのですが、

 

①え?シャロースプールなんですよね?ってなる

②高い。がんばってステラなんて買おうもんなら¥75000-位になりますが・・

③上記と同じ

 

なのでどれもなぁ・・ってなります。

 

唯一の選択

それが

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) 17 コンプレックスCI4+ C2500S F4 03707
価格:24140円(税込、送料別) (2020/2/17時点)

楽天で購入

 

 コンプレックCI4+C2500S

 

になる訳です。唯一の救いはこのリールが非常に優秀だった事です。

この価格帯のリールなのにスモールで使っても問題なし。

 

ドラグも滑らかに機能してくれます。

 

おまけにハイギアとローギア両方あるので現行モデルだとまさに、

これ一択で良いと思います。

 

ハイギアとローギア

ハイギアとローギアどっちがスモールに向いているか。

 

一時期は出る新製品ハイギアしか無いじゃんみたいな時期もありましたが、

現在は両方出てる感じなので好きな方を使えば?

 

っていう訳なのですが、そのままで良いと思います

 

ゆっくり巻く釣りにはローギア

シャッドやボトムを狙うような釣りにはハイギア

 

そんなイメージで問題無いと思います。

人によってはゆっくり巻く釣りでもハイギアを選ぶ人も居るので、

ほんと好みで良いと思います。

 

どうにもならないこと(糸巻き量とか(-_-;))以外は選択肢はいっぱいあるので、

いろいろ使いながら自分にとってのベストを探すのが一番と思います。

 

迷うなら基本的な選択でまずは良いのかなと。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

最近は低価格帯のリールでも性能が上がって無理して高額なリールを買う必要も無くなりました。より高性能を求める事も出来るし、良い感じだと思います。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

曲がってるガルプを真直ぐにする方法

こんにちはseabass-advantageです

 

今回は曲がってるガルプを真直ぐにする方法です。

 

ガルプ ベビーサーディン

 

f:id:seabass-advantage:20200215203942j:plain

 

ベビーサーディンってメバルやアジングに欠かせないものですが、

なんせ消費率がやばすぎる!

 

って事で、ジャータイプ(通称 瓶詰めガルプ)がある訳です。

 

大量に入っていて一見、お得なのですがなんせ酷いのだと

9割位曲がっていて使えない・・なんてケースがある訳です。

 

f:id:seabass-advantage:20200215203236j:plain

 

今回はこの曲がってるガルプを使えるレベルに真直ぐにし、

かつ超低コストで修正する方法になります。

 

ストローを加工して真直ぐにするケースを作ります。

 

用意する物

 

f:id:seabass-advantage:20200215204051j:plain

ストロー

100均で売ってます。重要なのは太さです。

 

f:id:seabass-advantage:20200215204115j:plain

f:id:seabass-advantage:20200215204129j:plain

必ず5mm4mm物をご用意ください

これには理由があります。ベビーサーディン本体の太さは約4mmなのです。

 

スムーズにストローに収めつつもガバガバでは意味がありません。

4mmのストローはしっぽが収まる部分になります。

 

f:id:seabass-advantage:20200215204753j:plain

後は定規、ハサミ、ターボライター、ピンセットになります。

ピンセットは出来れば先端が曲がってるやつが使いやすいです。

 

ベービーサーディン寸法

 

f:id:seabass-advantage:20200215203510j:plain

f:id:seabass-advantage:20200215203722j:plain

本体が約3cm、しっぽが約1.5cmってとこですね。

この寸法を踏まえつつ、ストローを加工していきます。

 

加工方法

って程でもないのですが、まずストローを切ります。

 

f:id:seabass-advantage:20200215204851j:plain

 

5mmのストローは5cm、4mmのストローは2cmに切ります。

5mmのストローの中に4mmのストローを入れて端を揃えます。

 

f:id:seabass-advantage:20200215205024j:plain

 

端を揃えてもらったら

 

f:id:seabass-advantage:20200215205049j:plain

こんな感じでピンセットで4mmのストローごと潰します。

先端を1mm位出して潰すのがポイントです。

 

潰した状態のままターボライターで炙ります

一瞬でで良いです。速攻溶けるので炙る時間が長いと溶けすぎるので注意です。

 

f:id:seabass-advantage:20200215205128j:plain

これで完成です!

 

ガルプを入れる

 

f:id:seabass-advantage:20200215205253j:plain

こんな感じでしっぽの方から作成したケースに入れていきます

 

f:id:seabass-advantage:20200215205317j:plain

完全にいれた状態です。しっぽがきれいに収まりつつ、本体もすっぽり収まります。

この状態でガルプ液に漬け込んでしまいます。

 

だいたい一晩くらいである程度真直ぐに出来るので、

釣りに行く前日でもいいのでいいのですが、長く漬けた方がより真直ぐになります。

 

慣れれば一個あたり数秒で作れるので簡単ですよ。

 

保管は元のビンに戻すも良し、釣りに持ってくケースに入れれば

現場で取り出しやすいので好みに応じた保管方法で良いと思います。

 

新型ガルプに変わってしまったので、もう入手出来ないと思っていたのですが、

実はこっそり?販売してますね

 


 

 

でもあんまり在庫なさそうなので無くなったら終わりかもですね

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

手軽に作れて効果抜群なので是非試してみてください。

ベイト過多攻略 野尻湖スモールマウスバス

こんにちはseabass-advantageです

 

今回はベイト過多攻略です

 

 

 

ベイト過多

2019/9初はベイトが大量にフラットに存在する状況でした。

 

大量にベイトが居るとスモールは喰いたい放題の状況なので当然のようにルアーに反応しなくなります。

 

厳密には変な動きをするものはエサとして認識しないから喰わない

 

変な動きをするもの=ルアーですよね?

 

なので、喰わないのでなく、無視してるという事です。

捕食行動を取ってるので、状態としてはスイッチが入ってる状態

すなわちエサを一生懸命食べてる状態な訳です。

 

これを釣る為にはエサと認識させてあげればあっさり喰います。

 

しっかりアプローチする

 

ベイトに付いているバスは少しでも違和感を感じたものは口にしません。

なので付近で何をされても気にしないのがスモールです。

 

逆にエサだと思わせれば良いのでアプローチが重要になってきます

具体的にはバスの目の前に逃げ遅れたベイトを演出してやれば良いのです。

 

f:id:seabass-advantage:20200214171638j:plain

ピンクがベイトでオレンジがバスです。

 

水中では

 

・浮いてるベイトに付いてるバス

・ボトムに居るベイトに付いてるバス

・単体で浮いてるばす

・単体でボトムに居るバス

 

の4通りに分かれます

 

ここで重要なのは広範囲を狙って遠投とかしてしてしまうと非常に効率が悪くなります

広範囲を狙ってしまうと、ほぼ博打になってしまいます。

 

思いっきりベイトをバスは意識していますから、運よく目の前に捕食タイミングで

ルアーが落ちる可能性なんて考えるのも嫌ですw

 

アプローチの仕方としてはきちんとボートの真下にバスを捉えるのが

第一ステップになります。

 

f:id:seabass-advantage:20200214171806j:plain

アプローチの順番としては

 

弱⇒強⇒リアクション

 

の順番になります。

 

・弱=ステイ

・強=シェイク等

・リアクション=跳ね上げる等

 

です。動かし方に正解は無いのですが、順番は大事です。

なぜならリアクションで喰わないとアプローチ失敗で、

もうバスは口を使ってくれません。

 

効果抜群な時もありますが、多くは一発逆転的な釣りになるので、

やるときはその周囲のバスを諦める前提になります。

 

喰わせの釣り

 

f:id:seabass-advantage:20200214172016j:plain

 

ここからが本題です。

 

もし、バスが喰わなかったら次のバスを狙いに行くのですが、

ここでルアーを回収せずにそのまま少しバスに出会うまでボートを進めます。

 

こうすることで、バスの目の前にルアーを届ける確率が一気に上がります。

回収はタイムロス&アプローチの再構築になってしまいます。

 

水中にルアーが在り続ける事が大事です。

 

自分のルアーポジションと魚探の映る位置が特定出来ていれば、

確信もってバスにアプローチ出来ます。

 

ここで間違えたく無いのはドラッキングでは無いという事です。

あくまでルアーの位置を少しずらすだけです。

 

ボートで引っ張り回すドラッキングではベイト付きバスはなかなか釣れてくれません

目の前で何かしらのアクションを見せ続ける事がキモになってきます。

 

 

バスのポジションに騙されない

f:id:seabass-advantage:20200214172350j:plain

ベイトに付いてるバスは問題なくポジション通りのエサを捕食していますが、

問題は単体で映るバスです。

 

バスは浮いてるから浮いてるベイトを探してる訳でもなく、

ボトムに居るからボトムのベイトを探してる訳ではありません。

 

ここを間違っちゃうと、実はボトムのベイトにしか興味無いのに、

一生懸命に中層を意識するなんて事になりかねません。

 

意外とはまりやすい罠ですので気を付けて下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ベイトが大量にいて喰わせ辛くてもきちんと釣れるので

是非、試してみて下さい。

 

 

 

 ベイト過多対策にはスワンプミニのネコリグが便利です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス フラットからバンクへの移行タイミングの捉え方

こんにちはseabass-advantageです

 

今回はフラットからバンクへの移行タイミングの捉え方

 

状況変化の捉え方

8月後半の話になります

それまで好調だったフラットエリアから徐々にベイトが薄くなりだします

俗に言うベイトが散りだした状況になります。

この状況をいち早く察知してベイトが散る=移動を開始したという事です。

 

フラットいたベイト=ワカサギ

 

なのですが、ワカサギ達は秋を控え、水温の低下と共に徐々にバンクを目指し始めます

この徐々にっていうのがキーになってきます。

 

 

ベイトの動き

 

バンクを目指すワカサギは一気に移動をしません。

なのでアングラー側は気づかずにフラットの固執する事になります。

 

なぜなら若干減ったかな?と思いつつもベイトは映るからです。

映るがゆえに好調だった事も手伝い、粘る事になります。

 

その間、ワカサギ達はすでにバンクに意識が行き始めていて、早い個体はすでに移動を開始し始めます。

 

が、通常バスを狙う水深の上限が仮に13mとします。

この13mってのは野尻湖で一般的にバスを狙う上限の水深かと思います。

 

通常は13mより深い水深を魚探掛けしようとは思いません。

 

ですが、ワカサギがフラットからバンクに移動したかな?と思っても13mより浅い水深を魚探掛けしてもワカサギは映りません。

 

なので、ちょっと注意深いアングラーはバンクに行って魚探掛けしますが、バンクに行っても映らないので、あれ?まだ早いかな?ってなります。

 

ここに明確な落とし穴があります。

 

バンクに向かうワカサギは水温の関係もあり高水温のこの時期、深い水深を移動を移動します。なので、ワカサギを探すなら少なくとも15~20mラインを探さないとバス釣りにはあまり役立ちません。

 

この15~20mラインにワカサギの群れを発見出来たら、あとは秒読み段階です。

徐々にワカサギはレンジを上げてようやく13m程度の水深まで上がってきます。

 

このタイミングを捉えるには観察するしか手立ては無いのですが、

読み通り見つける事が出来れば、大多数のアングラーはまだフラットで釣りしてる状況なので、まさに独り勝ちです。

 

早い時期のバンクパターンはフレッシュな個体しか居ないので超イージーに釣る事が可能になります。

 

ワカサギの生態を意識しつつ、フラットで釣りしながら常に次の展開を予測する事が重要になってきます。

 

 

季節の進行

この8月後半というのはある意味、野尻湖において一番しんどい時期かもしれません。

 

ベイトの動きを理解する事は大前提なのですが、時期的に天候が安定しないのも要因の一つになります。

 

野尻湖の場合は台風に翻弄されるのは稀なのですが、暑くなったり寒くなったりを繰り返すこの時期はベイトも行ったり来たりを繰り返す事になります。

 

だからこそのベイトを読む力と言うのが重要なキーになってきます。

 

この辺は昨日の天気はどうだったのかとか、先週のベイトのポジションは何処だったかとか、いろんな情報を入手しつつ、当日の状況を確認することで、正解にたどり着けるかと思います。

 

より複雑な読みを要求されるのが初秋の野尻湖かもしれません。

 

フラットからバンクへの移行タイミング

 

f:id:seabass-advantage:20200213233650j:plain

野尻湖の代表的なフラットとバンクを書いてます。

 

回遊ルートまでは特定していませんが、ワカサギはブレイクに沿って移動するものと思われるので、回遊ルートを特定するにはディープエリアの地形を把握する必要がありそうですが、バス釣りにはあまり役立ちそうにありませんw

 

なので現実的には20m程度を魚探掛けするって考えていれば困る事はなさそうです。

 

移行タイミングとしてはベイトが散りだしたと少しでも感じたらバンクを確認しにいくクセをつけておくと他のアングラーを出し抜く事が出来ると思いますw

 

是非、参考にしてみて下さい

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

 もはや野尻湖では無敵なのではないでしょうか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーリグを使ったフラット攻略 夏の終わり

こんにちはseabass-advantgeです

 

今回はフリーリグを使ったフラット攻略です

 

 

 

フラットエリアの狙い所

夏の終わりになるとフラットは船団になりがちなのですが、この際に狙い所を絞り込む為に、ベイト+αの要素が重要になってきます。

 

f:id:seabass-advantage:20200210141116j:plain

大半のアングラーは野尻湖の場合、ベイトの存在しか意識していないケースが多く見られ、上図のような潮目の存在を意識しているアングラーは少数なので、

がら空きのケースがほとんどです。

 

更に詳細を追加すると

 

①潮目のインサイド

②潮目の中心

③潮目のアウトサイド

 

に分かれます。

 

狙う水深は、ベイトが多数存在している水深を軸にインサイド、アウトサイドを見極める狙い方がベストです。

 

潮目とベイト、この2種を混在させて狙い所を絞り込みます。

これを意識しないで船団だからフラットだ!って釣りしてもあまり良い結果は出ません

 

フリーリグのアクション

フリーリグのアクションなのですが、基本はリフト&フォールでシンカーが着底してからワームが落ちる速度をイメージしながらステイさせる感じです。

 

加えて、スモールの場合、しばらく動かないもの、俗にいうロングステイも有効な手段の一つで、フリーリグでも効果的です。

 

この際にはワームを引きずらない事が重要になってきます

 

船団を避ける

どの釣り場でも言える事ですが、野尻湖の場合も船団は船団を呼ぶ事になります。

ここで誰かが釣れようものなら更に船団は膨れあがります。

 

船団になる理由は簡単で人が多いから。

 

なので自分で狙う理由が明確でない場合、船団に交じる理由はありません。

とは言え、フラットが船団になる時期にエリアとして、まったく魅力が無い訳ではありません。

 

多くの場合、やみくもにフラットに人が多いという理由で集まってるだけなので、

人が居なくても条件があてはまっていれば十分に効果を発揮してくれるフラットががら空きなんてケースも少なくありません。

 

船団の動向として

 

人が集まる⇒釣れないので徐々に人が散りだす⇒別のエリアが船団がちになる⇒それを見てまた人が集まる

 

俗にいう集団心理の一つですね。

なのでそこを逆手にとります。

 

人が居なくなったフラットはまさに選びたい放題になります。

フラット+αの自分が狙いたいエリアで釣りをする事が可能になります。

 

全体を見て人が居ない、もしくは居なくなったのを見計らって移動です。

釣れてしまえば今度はあなた自身が見られていて自分の周囲が船団になることでしょう

 

という現象も起きますが、そうしたら移動してしまえば良いのです。

そのまま粘っても、思うようなエリアで釣りを続けるのは困難になってしまって、

結果、釣れないと思います。

 

 

 

釣れる理由とエリアをきちんと見分ける事で釣果に結び付くと思います。

船団が出来ていたらベイトが映るのね。で終わりです。

そこに混じらなくても十分結果は出せるのですから。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

是非、野尻湖フラットを攻略してみて下さい。

 

 

 

 野尻湖でフリーリグなら一番安定してるかもです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーエスピー ドライブビーバー Feco対応 3.5inch OSP DOLIVE BEAVER
価格:858円(税込、送料別) (2020/2/10時点)

楽天で購入

 

 

 

 

ノーテンション フリーフォール ダウンショット 初秋の中層とボトムの使い分 野尻湖スモールマウスバス

こんにちはseabass-advantageです

 

ノーテンション フリーフォールダウンショットについて説明していきたいと思います

 

 

 

初秋の中層とボトムの使い分

 秋も近づいてくると、スモールはディープフラットで浮いてる事が多くなります。

ですが、この時期の浮いてるバスは魚探に惑わされると結果が出にくくなります。

 

 

浮きバスとボトムバス

この時期のベイトは2種類存在する形になります

 

・ワカサギ(浮いてる物)

・エビ(ボトムに居る物)

 

どちらをメインベイトにするかは日替わりのケースが多くなります。

魚探を見るとバスは浮いてるベイトに付いたりボトムのベイトに付いたりしています

f:id:seabass-advantage:20200104161526j:plain

が、この時期に関してはバスとベイトのポジションはあまり関係ありません。

 

バス単体で映る事も多くなる時期ですが、バスが浮いてるかボトムに居るかは、

あまり意味は無くって、バスが何を食べたいかが重要になります。

 

なので、バスは浮いていてもボトムのエサを狙ってる日もありますし、

その逆でボトムに居ながら浮いてるエサを狙ってる日もあります

 

スモールの場合、何を食べたいかは超重要で、ワカサギが食べたい日に、

大量のエビが居たとしても見向きもしません。

その逆も同じで、エビが食べたい日にワカサギが大量に居ても喰いません。

 

この辺が、ラージと決定的に違う点で、この時期は日替わりってのが、

お盆を過ぎたら喰わなくなる伝説の理由の一つになります。

 

浮いてる物と沈んでる物

f:id:seabass-advantage:20200104161725j:plain

 

ワカサギが食べたいのかエビが食べたいのか。

 

これは単純に2通りのアプローチで試す必要があります。

ダウンショットは浮いてる物=ワカサギですしネコリグは沈んでる物=エビになります

 

なぜ、そのリグを選択しているのかを自分の中で明確にしておく事で、

反応させる事が出来ると思います。ここで浮いてる物に反応すると、

ちょっとだけ難易度が上がってきます。

 

なぜなら浮いてさえいればレンジが関係なかった時期は過ぎ、

レンジを合わせる必要が出てくるからです。

 

ここで登場するのが、フリーフォールダウンショットになります。

 

ノーテンション フリーフォールダウンショット

なるべく中層にワームが居る時間をかせぐ方法です

 

f:id:seabass-advantage:20200104165859j:plain

 

フルキャストしてからラインに出るバイトを拾えるていどでフリーに落としてやります

投げっぱなしという意味ではありません。

 

こうする事で、ランスラックは出ているので水の抵抗は増えます。

なので、テンションを張ったカーブフォールに比べ、より長く水中を漂わせる事が

可能になります。

 

バスのレンジに合わせてやる必要があるので、ボトムが取れるギリギリの

ウエイトをチョイスする必要が出てきます0.9~1.3g位でセットすると良いと思います。

 

 バイトはティップには出ずにライン変化で取るようになるので、

良く注意して下さい。ラインがはじかれたり、テンションが張られたりします。

 

この方法をとる事で、全レンジを探る事が可能になります。

中層をフワフワ落としてく感じです。

 

お勧めワーム


 

 

ワカサギの当歳魚サイズにジャストサイズをチョイスするのがベストかと思います。

細身の2インチが良い感じになります。

 

昔はマイクロクローラー3incをカットして使っていたのですが、

反応がいまいちになってしまったのでシルエットがシビアになってる気がします。

 

まとめ

・スモールのレンジは関係ない

・スモールが何を食べたいのか見極める

・ベイトのシルエットを意識する

・なるべく中層にワームが居る時間を作る

 

この辺を押さえておけば、初秋のスモールはわりと簡単に釣れてくれます。

是非、試してみて下さい

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。